2019年12月08日

三菱電機社員の自殺

三菱電機新入社員、社内発表会の直前に自殺: 日本経済新聞 

三菱電機で新入社員が自殺し、上司が自殺教唆で書類送検される事件が起こっていたらしい。

「同社では過去にも社員の過労自殺や精神疾患による労災認定が相次ぎ、元社員は「パワハラが日常的で自浄作用はなかった」と話した。

…一方、三菱電機の技術職や研究職では2014~17年、長時間労働などが原因で自殺者2人を含む5人が労災認定された。うち、元研究職の30代男性はうつ病を発症したという。

取材に「(三菱電機は)極限まで追い込んで成果を出させる体質だった」と振り返った。研修時から怒鳴られ、配属後の職場は上司の「死ぬ気でやれ」といった怒声が延々と響き、社員の1割以上が精神疾患で休職したという」


さすが日本を代表する大手企業。実に日本らしい。

就職する時に「大手だから安心」なんて考えることの間違いが分かりますね。

自らの命と心の健康を守るため、仕事は慎重にしましょう。

保身続報でした。

外国人が住みたい、働きたい国ランキングで日本は33ヶ国中32位だったという記事(2019)ちなみに最下位はブラジル。


「英金融大手HSBCが毎年行っている海外駐在員の生活調査レポートを発表。外国人にとって住むにも働くにも素晴らしい環境がそろう国ランキングのなかで、日本は33カ国中32位だった(ただし、調査に必要な最低サンプル数を満たした国・地域だけがランキングの対象)。

…総合ランキングでは32位の日本だが、暮らし部門全体では15位と、さほど悪くない。

日本に住む外国人駐在員にとって厳しいのは仕事や子育てで、「収入」「ワークライフバランス」と、子どもの「友だちづくり」「教育」はいずれもほぼ最下位となっている。多くの日本人にとって、正直、何となくそうだろうなと思える結果ではないだろうか」


このエントリーをはてなブックマークに追加
hoshin113113 at 16:50|PermalinkComments(0)ニュース | 健康

「暑くて野球できない」温暖化対策求め中高生がデモ行進

「暑くて野球できない」温暖化対策求め中高生がデモ行進 浜松



「地球温暖化対策の国際会議、「COP25」が開かれているスペインでは、若者を中心に大規模なデモが行われましたが、日本でも静岡県浜松市で中高生400人がデモ行進しました。

…6日午後、浜松市の中心部で「地球を守れ」「未来を守れ」と声を上げながら1時間かけて2キロ余りを歩きました。行進には運動部の生徒が多く参加し、「暑くて野球ができない」などと書いたプラカードを掲げていました。

…温暖化対策を求める行進に運動部の生徒たちが参加した背景には、試合が制限されたり練習時間が短縮されたりして、夏の猛暑の影響を実体験していることがあるといいます。

このうち、中学校の陸上部では去年、夏の地区大会で、短距離走やリレーで予定されていた予選がなくなりました。この日の最高気温が30度を超えると予想されたことから、熱中症を防ぐためで、急きょ、すべての競技で1回のレースのタイムで順位を決めたということです。

ことしもいくつかの競技で予選がなくなったり、選手1人につき1種目しか出場できないというルールが設けられるなど、試合が制限される傾向にあるといいます」

温暖化の影響がこんなところにも現れているのか…
この間の台風19号や西日本豪雨のような災害にも温暖化の影響が指摘されており、日本は気候変動の影響を強く受けることになりそうです。



「日本ではまだスーパー台風の勢力を保って上陸した例はないが、坪木和久名古屋大教授(気象学)のシミュレーションによれば、20世紀末より約2度上昇すると、スーパー台風のまま本土に接近・上陸する台風が1年間に複数発生するようになるという。
…国交省の検討会は今年、現在より約1度上昇すると洪水の発生頻度が約2倍、3度以上上昇すると約4倍になるとのシミュレーションを公表している」



なおこのニュースはTwitterでも取り上げられていましたが、ユーザーからの反応には「教師によるやらせだ」「扇動されてるだけ」「だったら野球をやらなければいい」「自分たちが電気を使わなければいい」「デモするくらいなら勉強しろ」「漢字間違えてるよ」などの声が複数寄せられており、実家のような安心感が感じられました。


このエントリーをはてなブックマークに追加
hoshin113113 at 11:25|PermalinkComments(0)ニュース 

消費落ち込み



「総務省が6日発表した10月の家計調査によると、2人以上の世帯の消費支出は1世帯あたり27万9671円だった。物価変動の影響を除いた実質で前年同月に比べて5.1%減った。マイナスは11カ月ぶり。落ち込み幅は5%から8%に消費税率を上げた後の2014年4月(4.6%減)より大きかった。増税前の駆け込み需要の反動に台風の影響も重なった。」

費目別では、食料が3.9%減、交通・通信は6.3%減、家電を含む家具・家事用品は16.3%の大幅減、などとなっています。

残念だけど当然ではある。むしろ分かってて消費税上げたんでしょ?ってお気持ち。
内需の柱である個人消費」と言ってるけど、その消費を落ち込ませるようなことやってるわけだし。

とはいえ、少子化が進んでいる影響で社会保障のための財源が少なくなっているというのも分かる。



「2019年に生まれた赤ちゃんの数が1899年の統計開始から初めて90万人割れし、過去最少となるのが確実になったことが6日、厚生労働省への取材で分かった。同省の研究機関はこれまで90万人割れを21年と見込んでおり、推計より2年早い。想定を超えて加速する少子化に、政府関係者は「大変厳しい状況だ」とし、社会保障制度などへの影響を懸念した」

でも実際に増税分が社会保障に使われてきたかというと過去にはそうではなかったと思われる。
増税してもその利益が一般市民に還元されるならいいんだけどね……


このエントリーをはてなブックマークに追加
hoshin113113 at 10:19|PermalinkComments(0)ニュース