2019年02月01日

実質賃金下がってる?

どうも保身です。

2018年の実質賃金、「マイナスになる可能性」と慎重な言い方ではあるものの、上がったように見えて実は下がっていたとの計算があります。

東京新聞:実質賃金 大幅マイナス 専門家算出 厚労省認める:政治(TOKYO Web) http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/list/201901/CK2019013102000119.html

「(2018年の)実質賃金の伸び率は、公表済みの一~十一月分のうちプラスは五カ月(対前年同月比)あったが、専門家が実態に近づけて試算したところ、プラスはわずか一カ月だけで、通年でも実質賃金は前年より減っている見通しだ」

まぁ食料品が値上がりして容量が減ってたり、生活保護基準が下がったり年金支給時期が上がったりしてる時点でお察しなんですが。

とはいえ、政府が努力してもなかなか成果が上がらないってこともあるでしょうし、去年の実質賃金が下がってるだけでただちにどうこう言うつもりは私はありません。

でも下がってるのに上がってるかのように偽装したり、何かと嘘やごまかしをするのは受け入れがたいんです。「信なくば立たず」ってことを最近実感します。

東京新聞:統計不正 看板政策に影 与党からも疑義 アベノミクス成果:政治(TOKYO Web) http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/list/201902/CK2019020102000150.html

一介の保身家として、人に対してまず問うべきは「信用できるかどうか」です。ポルポもそれが一番大事だと言ってますからね。


このエントリーをはてなブックマークに追加
hoshin113113 at 13:54|PermalinkComments(0)

2019年01月30日

割りばし

obentou_waribashi


弁当を買ったりすると割りばしがついてくることがありますよね。


私は以前、ビニール袋に入った割りばしをもらったんですが、すぐに使わないまま何ヵ月か放置していました。


すると…

カビが生えてました。

ビニール袋の中に入ってるのにカビが生えるのか…とちょっと驚きました。


割りばしはもらったらすぐ使わないといけませんね。それ以前に、割りばしを使わずにマイ箸を使ったほうがいいと思いますが。
そのほうが環境にも良さそうですしね。

環境を守ることが保身にもつながるのです。

保身でした。

このエントリーをはてなブックマークに追加
hoshin113113 at 22:40|PermalinkComments(0)

2019年01月28日

広告うぜぇ

どうも保身です。

20180908180241

スマホの広告うぜぇって話は前からちょくちょく耳にしますが、私もほんとそう思います。
特に広告を読み込んだせいで時間差で画面がカクッて動いて、押そうとも思ってないリンクをタップしてしまうやつ。そこから時間差でアプリダウンロード画面に行って、「戻る」キーを連打してもなかなか戻らないやつはイライラしますね😠

しかもその後、ミスクリックした商品関連の広告がやたら出てくるのとか…
広告してる商品に対して嫌悪感を抱かせる広告って意味あるの?😠


ところで、改憲のテレビCMなどの広告に対して規制をつけるべきだという声がありますね。(政治要素)
こうした規制がないと、資金力のある改憲派が大量の広告を流してそれに世論が動かされる恐れがあるからということです。


“改憲の賛否呼びかけるCM、量的規制せず 民放連が決定”:朝日新聞デジタル (2018年9月21日)https://www.asahi.com/articles/ASL9N56FJL9NUCLV00Q.html

“日本民間放送連盟(民放連)は20日、理事会を開き、憲法改正の際に賛否などを呼びかけるCMについて、放送時間の長さなどの量的な規制はしないことを決めた。資金力がある側のCMが大量に流れると公平性が保てない恐れがあるとして、野党などから放送局に自主規制を求める声が上がり、民放連の対応に注目が集まっていた”

“民放連は、「国民投票運動は原則自由であり、規制は必要最小限とするのが法の原則。仮に、扇情的な広告放送が行われたとしても、基本的に言論の自由市場で淘汰(とうた)すべきもの」との考え方を示した”

(現在、扇情的な言論が自由市場で淘汰されていると言えるのか…?)

その後与党の側からも広告規制の議論に前向きな声は出てるようですが…

“東京新聞:「国民投票CM規制」なぜ浮上 「資金の差が結果左右」「改憲論議の呼び水に」”:政治(TOKYO Web) http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/list/201811/CK2018110702000151.html


与党についてる企業は資金力だけでなく人を動かす広告のテクニックも熟知してるでしょうからなおさら与党有利といった感はしますね。

一部では、「人気アイドルや有名人を大量に起用して改憲CMがバンバン流される」とか懸念されてますが…

それにしても、仮にそういうCMが大量に流れて、有名人が歌って踊って「改憲しようぜ!」とか連呼して、そういう「扇情的」な広告に人々が心動かされて改憲したとしたら、「それでいいのか…?」という気はしますね。

もしそれで改憲して、あとから「実は改憲したことによってこういう問題が出てきます」って言われて、「あっごめーん、そこまで考えてなかったわ」ってなったら、衆愚政治ってレベルじゃねーぞって思います。

「改憲によってこれこれこういうメリットとデメリットがあります。どちらのリスクを取りますか?」とかいう、問題点を詳細に公平に論ずる広告ならいいかなとは思いますが、多分、いや絶対そんな風にはならないだろうと思います。だって私たちが毎日見てる広告は全然そんな風じゃないですからね。


このエントリーをはてなブックマークに追加
hoshin113113 at 22:49|PermalinkComments(0)保身