保心政府が専業主婦と兼業主婦/独身女性の対立煽り?

2019年05月04日

大人食堂

itadakimasu_boy

どうも令和の保身です。

貧困などで充分な食事をとることが難しい子供のために作られた「こども食堂」は有名ですが、ついに大人食堂ができたとか。


【仙台発】ついに「大人食堂」 食べられなくなった非正規労働者 #BLOGOS https://blogos.com/outline/374562/


貧困な子供が多いということは貧困な家庭が多いということであり、それは貧困な大人が多いということですから、こうした現象が起こってくるのも残当といったところか。

もっとも、こういうのを見ても「貧困は自己責任だ」って言う人もいるかもしれませんが、もし過去に派遣法が成立せず、その対象が拡大されていなければ、今この食堂を利用せずに済んでいた人々も多いんじゃないでしょうか?

そしてその派遣社員を使って儲けているのは派遣会社ではないでしょうか?もしその利益が派遣社員に還元されていれば、その人々も今ごろ大人食堂で食事をしなくても済んでいたでしょう。

貧困があってもこうして事業を起こして助けてくれる人たちがいるのは不幸中の幸いですが、最初から貧困が起こっていなければもっと良いわけで、もっと早く格差の拡大を止めるべきだったと思いますね。

このエントリーをはてなブックマークに追加
hoshin113113 at 19:18│Comments(0)ニュース | 健康
コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット

保心政府が専業主婦と兼業主婦/独身女性の対立煽り?