2020年07月

2020年07月30日

維新の会、舩後議員に対してとんでもないコメントをしてしまう…

筋萎縮性側索硬化症(ALS)患者の嘱託殺人事件を受けて、同じALS患者で国会議員の舩後靖彦氏が「『死ぬ権利』よりも、『生きる権利』を守る社会にしていくことが大切だ」等と訴えるコメントを出していました。



事件について、同じALS患者のれいわ新選組の舩後靖彦参議院議員はコメントを出し、「『死ぬ権利』よりも、『生きる権利』を守る社会にしていくことが大切だ」と訴えた。

殺害を依頼したとされる女性の行動に理解を示す反応がインターネット上などに出ていることについて、舩後氏は「難病患者らに『生きたい』と言いにくくさせる社会的圧力を形成する」と強い懸念を示した

それをよそに維新の会は尊厳死を考えるプロジェクトチームを設立しましたが、舩後議員のコメントに対してとんでもないコメントを返して物議をかもすことに。




日本維新の会の馬場伸幸幹事長は29日の記者会見で、筋萎縮性側索硬化症(ALS)患者の嘱託殺人事件を受け、政務調査会に尊厳死を考えるプロジェクトチーム(PT)を設置すると発表した。
また、ALSを患うれいわ新選組の舩後靖彦参院議員が「生きる権利」の大切さを訴えるコメントを公表したことに関し、「議論の旗振り役になるべき方が議論を封じるようなコメントを出している。非常に残念だ」と語った。


個人的には尊厳死には必ずしも反対ではないし、自分の意思で選ぶなら選択肢の一つだと思いますが、難病当事者で「死ぬ権利よりも生きる権利を」と訴えている当人に対してこのコメントを出せるのは結構やべー奴だなと思いました。


ネットでは、このコメントについて、


「この一言が恐ろしさを何よりも雄弁に物語っている」

「舩後議員のアイデンティティを、なにゆえ馬場氏が規定するのか。障害や病気を持つ人間の役割を、馬場氏は決めつける権利を持つのか」

「間接的に死ねと言っているようなもの」

「維新が危険とは前々から分かっていたが、ここまで酷いとは思わなかった。あまりにも酷すぎる」

「馬場議員のコメントに強く抗議します。船後議員の意思、さらには生命をも軽んじるものだと思います」

「舩後議員の尊厳を踏みにじっているあなた方に、尊厳死について語る資格があるとは思えません」

「維新が人の心を持っていない怖い集団だということを再認識した」


等の意見が上がっていました。


尊厳死は自分で選ぶなら尊厳ある死かも知れないけど、他人から圧力をかけられるなら間接的な殺人になりかねないからね。


このエントリーをはてなブックマークに追加
hoshin113113 at 20:04|PermalinkComments(1)ニュース | 保身