首里城焼失、そしていつもの反応冬場のヒートショックで死の危険も

2019年11月08日

政府が議事録から異論を削除



政府が9月に開いた全世代型社会保障検討会議の初会合を巡り、有識者メンバーとして政府方針と異なる意見を述べた中西宏明経団連会長の発言の一部が、公表された議事録に記載されていないことが7日分かった。政府が見直しを検討している「在職老齢年金制度」に言及した部分で、複数の会議関係者が「削除された発言がある」と明らかにした。異論を表面化させない意図が働いた可能性がある。

社会保障の幅広い検討を行い将来にわたる制度改革を決める重要会議で、議論の透明性を担保するはずの議事録の削除があったことに、専門家からは「政策決定過程の信頼性を損ないかねない」との批判も出ている。


かつて公文書改ざんした時や統計不正を起こした時に「これくらい大したことない」で流してきたからこうなったんだろうな

これからはどんどん不都合な記録が抹消されていきそうだ

でも考えてみたら普通の職場でも違法な長時間労働させたり残業代払わなかったり契約にない仕事をやらせたりの不正が横行してるんだから政府も同じことをやってるだけだとも言える

こういう不正が「これぐらいどこでもやってる」「世の中はこういうものだ」で許されてきたから過労死や過労自殺が起こってるんだよね

もし本当に労働基準法が守られ人権が尊重されてたらこうはならないわけで、ルールを守ることは結局自分を守ることになるんすよね

ルールを守って自分の身を守ろう

保身続報でした。


このエントリーをはてなブックマークに追加
hoshin113113 at 11:43│Comments(0)保身 | ニュース
コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット

首里城焼失、そしていつもの反応冬場のヒートショックで死の危険も