「野党は桜を見る会ばかり追及して香港問題を無視している」→してません「暑くて野球できない」温暖化対策求め中高生がデモ行進

2019年12月08日

消費落ち込み



「総務省が6日発表した10月の家計調査によると、2人以上の世帯の消費支出は1世帯あたり27万9671円だった。物価変動の影響を除いた実質で前年同月に比べて5.1%減った。マイナスは11カ月ぶり。落ち込み幅は5%から8%に消費税率を上げた後の2014年4月(4.6%減)より大きかった。増税前の駆け込み需要の反動に台風の影響も重なった。」

費目別では、食料が3.9%減、交通・通信は6.3%減、家電を含む家具・家事用品は16.3%の大幅減、などとなっています。

残念だけど当然ではある。むしろ分かってて消費税上げたんでしょ?ってお気持ち。
内需の柱である個人消費」と言ってるけど、その消費を落ち込ませるようなことやってるわけだし。

とはいえ、少子化が進んでいる影響で社会保障のための財源が少なくなっているというのも分かる。



「2019年に生まれた赤ちゃんの数が1899年の統計開始から初めて90万人割れし、過去最少となるのが確実になったことが6日、厚生労働省への取材で分かった。同省の研究機関はこれまで90万人割れを21年と見込んでおり、推計より2年早い。想定を超えて加速する少子化に、政府関係者は「大変厳しい状況だ」とし、社会保障制度などへの影響を懸念した」

でも実際に増税分が社会保障に使われてきたかというと過去にはそうではなかったと思われる。
増税してもその利益が一般市民に還元されるならいいんだけどね……


このエントリーをはてなブックマークに追加
hoshin113113 at 10:19│Comments(0)ニュース 
コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット

「野党は桜を見る会ばかり追及して香港問題を無視している」→してません「暑くて野球できない」温暖化対策求め中高生がデモ行進