26℃のお湯でコロナウイルスが死ぬとかいうデマアジア人への差別

2020年03月05日

ティッシュと花崗岩

この間デマが原因でトイレットペーパーが買い占められていたせいで私もとばっちりを受けましたが、今度はティッシュがなくなったので買いに行ったら、ティッシュもまた買い占められてました。

そこでまたぶち切れですよ。お前らは本当に今ティッシュが必要なのかと。買い占めムーブに便乗してるだけなんやないかと。ティッシュとかトイレットペーパーなんてのはな、必要なときいつでも在庫があるからいいんだよ。隣の客と奪い合いをしなくてもいい、実家のような安心感。国内生産だからこその安定供給がいいんじゃねーか。転売野郎は、引っ込んでろ。


ついでに花崗岩からの放射線でコロナウイルスを防げるとかいうデマも広まって、一部では花崗岩が高値で売られてるようです。



新型コロナウイルスへの感染対策に花崗岩(かこうがん)が効くというデマが広がり、フリマアプリで高額販売される事態が起きています。

これの元ネタの人物は転売目的ではなく、本当に花崗岩がコロナウイルスに効くと信じ込んでいたようですが、結局はそこに目をつけられて詐欺師に利用されるわけです。統失ビジネスと同じようなもんですね。

uwasa_warui



このエントリーをはてなブックマークに追加
hoshin113113 at 21:36│Comments(0)保身 | ニュース
コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット

26℃のお湯でコロナウイルスが死ぬとかいうデマアジア人への差別